マラソン練習日誌〜takumiの挑み〜

鈍足爆死ランナーのランニング日誌

僕が僕である為に②

私のブログのタイトルは、大体思いつきです

。。

 

さて、コレ毎度の事なんですが

仮装ランのネタ投稿すると、何故かイイねやコメント数が増えます。

まあ、需要があるのだと都合よく受け取っておきます(笑)

 

さて、少し前にはなってしまいますが

仮装ラン報告2連発!!

 

1.葛飾ふ〜てんマラソン(2021.4.17)

進撃の巨人❗️

f:id:runtakumix:20210503154411j:image
f:id:runtakumix:20210503154408j:image

このレースは何と、『仮装大賞』なるものがあるので本気で大賞を狙いにいきました!

全身タイツにメッシュのマスク。

ハッキリ言います。暑いです。

とは言え全身タイツは案外動きやすいのでそれなりに動けるし走れます。

抑え目のペースで走ろうと思っていたものの、入りが速めで良い集団に乗れたのでそのまま行ってしまいました。。

f:id:runtakumix:20210503154935j:image

そして目標の仮装大賞ですが…

私は!何の成果も!得られませんでした!!

…つまり大賞も佳作もかすりませんでした。

でも走りながらスライドで仮装の方々と声を掛け合い、佳作の方達とはゴール後に謎の友情が(笑)

ジョジョネタではありませんが…

仮装ランナー同士は引かれ合う…!!

f:id:runtakumix:20210503155427j:image
f:id:runtakumix:20210503155434j:image
f:id:runtakumix:20210503155422j:image

 

番外編

翌日はトラックで無茶して無事に爆死。

f:id:runtakumix:20210503155648j:image
f:id:runtakumix:20210503155653j:image

 

2.ハイテクタウン駅伝(2021.4.24)

ランニングチーム、ソンナバナナのメンバー4人で参加。

逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ!

やります、僕が走ります!

碇シンジ❗️

f:id:runtakumix:20210503160108p:image

汎用靴型決戦兵器、その初号機

f:id:runtakumix:20210503160859j:image

コレも全身タイツなので、暑いんですよ。。(当日は見ての通り快晴)

しかも手袋も繋がっているし、足先も繋がっているので、スマホが触れなかったり靴の中で足がズレるオプション付きです😂

 

当初はガチランでタイム狙う予定も、メンバーで故障者が続々。

コレは狙えないという事でほぼ全員仮装ランで意見が一致(笑)

f:id:runtakumix:20210503160806j:image
f:id:runtakumix:20210503160803j:image
f:id:runtakumix:20210503160756j:image
f:id:runtakumix:20210503160749j:image
f:id:runtakumix:20210503160814j:image

うーん、カオス。。

 

因みに結果

f:id:runtakumix:20210503161013j:image

 

次の仮装ランはまだ未定ですが、takumiの戦い(仮装)はまだ続く…

 

…to be Continued?

僕が僕であるために

勝ち続けなきゃならない!

…なんて事はないです。

 

お久しぶりになってしまいました、更新します。

大層なタイトルをつけましたが

相変わらず中身はスッカスカなブログです。

 

さて今回ですがまあ私らしい内容かと思います。

さてさて、東京マラソンの様な都市型の大きな大会では仮装したランナーも多く走り

沿道から応援する方も楽しく応援という光景がありますよね。

 

仮装ランについて〜オタクランナーの生きる道〜

 

女装のチャイナ服やナース服に始まり、進撃の巨人鬼滅の刃ドラゴンボールベジータスパイダーマンキャプテンアメリカ…などなど。

どこでそんな服買うの?

と言われるくらいにはやっています。

ドンキホーテビレッジバンガードで6割以上は揃います)


f:id:runtakumix:20210417081144j:image

f:id:runtakumix:20210417081148j:image
f:id:runtakumix:20210417081151j:image

f:id:runtakumix:20210417082548j:image

 

仮装をする理由はスバリ

目立つから!!

学生時代から自己表現が苦手な人間だったので、大人になってそれが拗れてこうなりました!

『面白いね!カッコいいね!』って言われたいんですよ!

お洒落な服や、ブランド物を身につける理由だってそんなに変わらないと思います。

人間誰だって承認欲求を持ってるもんだと思っています。

周りもやっぱり、『仮装すると応援してもらえるから!』とかです。

 

私なりの仮装のポリシー

・周りには迷惑をかけない様な服装にする(公序良俗に反したり、長物振り回したりはNG)

・トラブル無く完走できる前提(途中で倒れて周りに迷惑をかけない)

・抽選の人気大会では特に手を抜かない(東京マラソンで、まともな練習もせずに仮装して走ったらタイムで足切りとか…落選者の気持ちも考えよう)

・やるからには、自分が愛を注げるものにする(原作ネタを振られたら応えたい)

と、こんなところでしょうか。

 

ここで私の仮装ラン歴を語ります!

最初は、ネタ系のTシャツを着るところからでした。

こんな感じのヤツです。

f:id:runtakumix:20210417081525j:image

因みにこれがまた

ウケない!!!

『マラソンの仮装では、遠目でも1発で分かるようなモノじゃないとウケない』

そう感じてしまいました。

そこからは遠目でもわかるもの、キャラクターの認知度があるものなどで試行錯誤の日々が続いていくのです…

 

因みに初仮装マラソンは、東京ベイエリアナイトランだったと記憶しています(笑)

f:id:runtakumix:20210417144923j:image

 

そこからtakumiの仮装ランストーリーが始まる…

 

…to be continued

雑記 21年からのマラソン

今回は思うことをただダラダラと綴ります。

 

福岡国際マラソンが21年大会で終了というニュースが出てきましたね。

トップ選手のみならず、マラソンファンからの驚きの声が続々と…

ここを目指していた人、返り咲こうとしていた人、トップ選手の走りを見るのが楽しみだった人、様々だと思います。

 

先日、日本記録が生まれたびわ湖毎日マラソンも21年の大会が最後となり今後は大阪マラソンと統合。

惜しむ声が出ていました。

 

この他の流れとして…

 

名古屋ウィメンズマラソンは人数を絞り、エントリー費を倍額に。

東京マラソン2021は、荷物預け無し。

神戸マラソン、感染対策でエントリー費が19,000円にアップ。

・横浜マラソン、感染対策でエントリー費が23,000円にアップ。

湘南国際マラソン、エントリー費増及びマイボトル必須(残念ながら大会中止)

富士登山競走は、従来の半数の人数で開催予定。

・柴又100K、25kmの2往復で100km。エントリー費も30,000円に。人数は従来の半数。

・黒部名水マラソンは11月へスライド。

・仙台国際ハーフ、参加者を3,500名に絞っての開催。エントリー費増。

・静岡の日本平桜マラソン、終了。

・陸連登録費も約5,000円にアップ。

 

大まかな所ですが、参考までに。

 

この流れから考えられる事

感染症対策費で、都市型マラソンは20,000円前後のエントリー費が基準?

→大会によっては人数を絞る為クリック合戦が激化。

→給水や給食、荷物預けや更衣室などに制限が出てくる。

→大会によっては統廃合や、開催時期が変わる。

→都市型マラソンの金額爆上げに伴い、河川敷等での草レース需要が高まりそう。

→トラックの草レースも同様に数や需要が増えそう

→相変わらずオンライン系は残りそう。

 

まだまだどうなるかは分かりませんが、無事に開催されるようになってほしいですし

今までのような盛り上がりが戻って欲しいものです。

 

そんな願いを込めながら、東京マラソン2017-2018-2019

そして俺たちの東京マラソン2020

f:id:runtakumix:20210326220058j:image

f:id:runtakumix:20210326220451j:image

f:id:runtakumix:20210326220307j:image
f:id:runtakumix:20210326220218j:image

f:id:runtakumix:20210326220711j:image
f:id:runtakumix:20210326220222j:image

f:id:runtakumix:20210326220801j:image

東京チャレンジマラソン

どうもー、takumiです☆

今日は、去年12月ぶりのフルマラソンを走ってきたよ☆

 

という訳で、3/20東京チャレンジマラソン

フルで走りました!

本来は1月末に予定されていたのですが、緊急事態宣言発令のため延期。

まずは、無事に開催していただいた事に感謝です。

主催者、スタッフの皆様、スポンサーの皆様、有難うございます。

 

本当に久しぶりに『マラソン大会だ!』という雰囲気の大会でした。

f:id:runtakumix:20210320221130j:image
f:id:runtakumix:20210320221122j:image
f:id:runtakumix:20210320221118j:image
f:id:runtakumix:20210320221127j:image

 

まず、受付諸々をやっている人の半数が知り合いだったことにビビりましたけどね(笑)

1000人規模位の大会でしたが、会場でも何故か知っている人に会うわ会うわ。

世間狭すぎかっ!!

 

f:id:runtakumix:20210320221655j:image
f:id:runtakumix:20210320221651j:image

さて、実際の走りについてですが

今回は3:10:00以内を狙う第一ウェーブと、3:20:00以降を狙う第二ウェーブに分かれてそれぞれ細かくペーサーもつきます。

私は年明けの故障を引きずっており、最悪の場合はDNFも視野に入れていたので

第二ウェーブで3:20:00ペーサーに着くことにしました。

 

それにしても

楽しいな、マラソン!!

ペーサーに着いて、がっつりと20〜30人位の大集団になり位置を考えながら走るのは去年ぶりか。

河川敷の往復コースなので、走りながら仲間たちとスライドして声をかけあったり

仲間が沿道から応援の声をかけてくれたり

途中、お散歩していた子供たちが『がんばれー!』と応援してくれたり…

そうそう、これですよ。これがやっぱりリアルレースの楽しみなんですよ。

久々にこの感覚が帰ってきた感じです。

 

f:id:runtakumix:20210321071704j:image
f:id:runtakumix:20210321071707j:image

 

さてそして、故障明けとは言えキロ4:40〜45ペース自体は割とゆったりと走れて余裕もありました。

左足甲も違和感はそこまで出てこず…

ただ、20kmを過ぎた辺りから右膝にちょっと嫌な感じが…多分左足を無意識に庇っていたのでしょう。

幸いこれも大事には至らず。

 

ただ、このペースでも

30kmを超えてくるとやっぱりキツい💦

このあたりは自分の距離耐性の無さですね。

それでもキープして、残り約6kmほどのラスト1往復になったところで

ペーサー振り切って、上がるだけ上げにいく!!

自分の頭の中ではびわ湖での鈴木健吾選手のような華麗なスパートを意識していた訳です。

…が、

ペース全然上がらない!!

38kmで折り返した所でも50m後ろ位にペーサー集団がいたので、『あれ?』という感じに…

 

f:id:runtakumix:20210321071815j:image
f:id:runtakumix:20210321071811j:image

f:id:runtakumix:20210321071933j:image

 

結果は3時間17分台と、まずまずでした。

結果論ですが、やっぱり最初からギリギリに近い攻めたペースで入らないとタイムは狙えないですね。。

ハーフ以下の距離だとラストそれなりに上げられたりするのですが、フルだと脚が重くてラスト上げるのは相当な力がないと厳しいということも改めて思いました😅

(因みに、コーチS氏からは上げるタイミングが早すぎるから意味がないと超絶ダメだしくらいました😇)

 

そんなこんなで、この日も無事にヤムチャして爆死です😇

f:id:runtakumix:20210321072122j:image

誰かの頑張りは、誰かの力になる

2021年3月14日

祝!名古屋ウィメンズマラソン開催!

 

コロナ禍で都市型マラソンは中止が続き、開催されるのはエリートのみや河川敷・公園周回の小規模レースのみ。

記憶している限りでは、最後に開催されたのは2020年2月の青梅マラソン熊本城マラソンでしょうか。

約1年1ヶ月ほど、数千人規模の大会は開催されていなかった事になります。

 

遂に、一般ランナーも含めて5000人規模で開催!

f:id:runtakumix:20210314222540j:image

 

当然ながら、賛否はあるでしょう。

ランニングに理解が無い方からすれば

『公道を規制した上に、こんな大人数の大会をやるなんてどう言うことだ!』

という心ない批判もあるかもしれません。

でも、トップ選手も市民ランナーも、日頃の練習の成果を発揮する場が欲しいんです。

中止だから返金するねじゃないんです、走る場が欲しいんです。

仲間の走りを応援する場が欲しいんです。

人間、目標もなく頑張るのは難しいんですよ。

 

名古屋ウィメンズが開催されてこの後問題がなければ、少しずつ市民ランナーが参加できる都市型マラソンが増えていくことを望みたいですね。

 

さてそんな3月14日、他にも茨城100KやM×Kディスタンスチャレンジ、まるおカップ、等

様々な大会が開催されていました。

 

そんな中、ランナー仲間達が参加しているM×Kディスタンスを応援していました。

※当然ですが、マスク・消毒・検温・ソーシャルディスタンスなどは気を遣っています

 

f:id:runtakumix:20210314223346j:image
f:id:runtakumix:20210314223400j:image
f:id:runtakumix:20210314223356j:image
f:id:runtakumix:20210314223443j:image
f:id:runtakumix:20210314223405j:image

 

タイトル通りですが

『誰かが頑張っている姿を見ると、自分も頑張ろう、やってやろう』

そう思います。

満足できる結果、悔しい結果と様々でしたが…皆様お疲れ様でした。

 

そして、私はそれを応援しつつ東京マラソンバーチャルのハーフの距離を走り込んでおりました。

ジョグのつもりでしたが、思わずペースが上がってしまっています…

f:id:runtakumix:20210314223841p:image

 

名古屋ウィメンズマラソンを走った仲間達も、目標を無事達成したり、現状の力を出し切った走りをしたり…

何よりも『走れる喜び』が溢れていました。

 

前向きな空気感を感じられた、良い一日だったなと思います✨

ルドルフ・ダスラーよ永遠なれ

タイトルは思いつきなので必ずしも内容とは一致しません。。

 

因みにこのルドルフ・ダスラー氏は『PUMA』の創業者の事です。

アディダス創業者のアドルフ・ダスラーとは兄弟でどちらのブランドもドイツ発🇩🇪という事は有名です。

…有名なのか??

 

プーマと耳にして陸上で思い浮かぶのは、やはり人類最速の男ウサイン・ボルトでしょうか。

ジャマイカチーム🇯🇲のユニフォームもプーマですね。

そして国内選手では、100m日本記録保持者のサニブラウン選手がプーマと契約しています。

 

 

さて、ここ最近各シューズメーカーから

厚底のプレート内蔵レーシングシューズ

が発売されており、ついにプーマもそこに参戦!

気になっている方も多いと思います。

私も気になったので先月、織田フィールドに行く際に原宿のショップを覗いてみました。

そして…

セールで叩き売りされていた方のシューズを衝動買いしました!

プーマ ウルトラライド

だって通常価格から65%位の割引だったんだもん…

f:id:runtakumix:20210308165122j:image

ただ、足の不調で中々おろしていなかったので先日ようやく試走を行いレビュー致します。

 

まず大真面目に、これは合わないと思ったシューズは買いません。

履いた事ないシューズを通販で買うのはリスクでしかないので、リピートでもない限りは店頭で試着して購入します。

 

シューフィッターとしてのフィッティング条件+自分のランナー経験から私の靴選びのポイント

 

1.踵がしっかりとホールドされる

今回のシューズはコレが良かった!

コレを満たさなかったら基本買いません。話題になったドンキヴェイパーに惹かれなかったのはここです。

同じくPUMAスピードシリーズも、踵のホールドが少し不安あったのでウルトラライドにしました。

勿論個人差はあるでしょうがこの辺は特にアディゼロは素晴らしいです。

 

2.中足部のホールド感

ここも良かった!

合うシューズは、紐を閉めると中足部にグッと吸い付いてきたりホールドしてくれる感覚があります。

 

3.ソールの重心移動

スムーズでした!1〜3までが良かったというのが今回のプーマウルトラライド購入理由です。

踵から爪先までスッと重心移動出来るかです。

私の好みだとコレを満たすのが大体フラットソール。

以前、中足部から爪先に行くときに『パタン』という感覚のシューズがあり、コレはどうも気持ち悪かった。。

 

4.トゥボックスの高さ

これは問題なし。

爪先部分の高さがあり過ぎると、他の部分が良くてもフィット感が微妙にかんじてしまいます。

今まででこの部分がメチャクチャ良かったのはasicsの『ソーティマジック VR

逆に高くて違和感あったのは昔のNB『M1040』(今だとハンゾーUですね)

 

5.トップライン

くるぶし部分の高さです。

ここはランシュー以外の靴でも選ぶときには大事なポイント。

くるぶしの骨部分に革靴の硬いところ当たると痛いですから。

試着した時は問題なし、ただ走るとやや硬さは気になりました。

 

で、実走!!

f:id:runtakumix:20210308183009j:image

インスタ映え(死語?)しそうな写真でイキっております。

駒沢公園10周、特にペースを気にせずに自分がリズムに乗れるペースでジョグ。

距離的にはハーフの距離で、1時間51分少々。

キロ5:15位のペースでした。

f:id:runtakumix:20210308185253p:image

 

結論

尖った特徴はないシューズ!

こう書くと悪いイメージになるかもしれませんが、逆に言えばクセはなく万人受けしやすく使い勝手も良いと思います。

こう言える位機能がまとまったシューズって、逆に中々無いんですよ!

サブ4〜3.5クラスのレース用としても良いと思います!

感覚の近いシューズだとasicsスカイセンサー

適度なクッションと反発があり軽め。

どちらかと言うと安定感が心強い感じで、軽さゆえにピッチが上げやすい。

初心者〜中級者ならレース用、中級者〜上級者ならペース走やポイント用、でしょうか。

 

勿論他のモデルだとまた特徴も違うと思いますので、ご参考までにどーぞ!!

f:id:runtakumix:20210308184940j:image
f:id:runtakumix:20210308184936j:image
f:id:runtakumix:20210308184931j:image

 

オトナのタイムトライアル

先日のびわ湖毎日マラソン富士通の鈴木選手の日本新記録おめでとうございます🎉

素晴らしい走りでしたね!

有力選手が集結してとてもレベルの高いレースで、見応えがありました。

タイム出ることが証明されたんだから大会継続しちゃいなYO!!

 

ああ言う走りを見てしまうと気合を貰って自分も走れそうな気がします。

しかし気がしただけで相変わらポンコツtakumiです。

いつだって現実は非情です。

 

少しずつですが、良くなって復調傾向です。

びわ湖の同日はOTTと言うトラックレースに参加しておりました。

f:id:runtakumix:20210301192855j:image

 

ここで恒例の(?)レース紹介を致しましょうそうしましょう。

 

OTTとは、『オトナのタイムトライアル』の事です。

基本的にはトラックレース、つまり1周400mの陸上競技場を走るレースです。(クロカン大会もありましたが)

トラックレースって競技性が高くて、ロードのマラソンが中心の市民ランナーには敷居が高いと感じられるような気がしています。

後は同じ景色を何回も回るのがイヤとかかな。。

ズバリ、そんな市民ランナーでも気軽に楽しく参加できるトラックレースです!

 

ここがポイント、OTT!

・種目の制限時間が幅広い(5000mで30分オーバーでもOK)

・BGMやナレーションで盛り上がり、ランナー全員を応援してくれる!

・目標タイムクリアの為にペースメーカーがつく!

・しかもペースメーカーは実力のある選手や有名選手!

・観戦側は、高速レースを間近で観れる!

 

どうだ、走りたくなってきたでしょう⁉️←

 

 

閑話休題

私が最初にOTTに参加したのは2019年の織田フィールドでの5000mでした。

ここで初めて、5000mで19分を切れてその先1年くらいはこの記録がベストでした!

応援が凄いから粘れるんですよ…

f:id:runtakumix:20210304214946j:image

 

2回目は2020年、夏のクロカン1マイル

f:id:runtakumix:20210304215130j:image

トラックとはまた違った面白さや駆け引きがあります!

 

そして3回目が先日の世田谷競技場でのOTT。

f:id:runtakumix:20210304215502j:image
f:id:runtakumix:20210304215506j:image

 

来月3月も開催予定だそうです。

予定が合わなそうなのが残念…