マラソン練習日誌〜takumiの挑み〜

鈍足爆死ランナーのランニング日誌

彩湖、最高!さぁ行こう!

ベタな駄洒落からスタートしてみました。

どうもtakumiです。

 

7月4日、8時間耐久レースin戸田彩湖

このレースに参戦致しました!

f:id:runtakumix:20210706222617j:image
f:id:runtakumix:20210706222627j:image

因みに去年に続いて2年連続!

↓去年の図

f:id:runtakumix:20210706222524j:image

 

主催はスポーツエイドジャパン様

https://sportsaid-japan.org

『ランナーの為に、何とかして大会は開催する』

そんな意気込みを感じさせて下さる主催者です。

昨年どこも大会中止が続くコロナ禍でも開催してくれた事から、今年もよほどの事が無ければ開催してくれると信じてエントリーしました。

 

今回自分の中でのテーマはこちら

・勝負で記録狙いよりも、秋のフルに繋げる走り込み

・なので楽しく怪我なく無茶はせず(ヤムチャはする)

・現状把握の為に特に調整はしない(6月最長距離で21km、トラックレースばかり)

サロマ湖ウルトラオンライン登録中なので、この日で残りの65kmを終わらせる

なので前日もトラックで1500mと3000mを走るという無調整っぷり。

※舎人ミドルディスタンスチャレンジ

f:id:runtakumix:20210706223813j:image
f:id:runtakumix:20210706223824j:image

 

さて7月4日当日

天候は朝から雨、この日の気温は20°〜21°

走る前は身体が濡れて少々肌寒い位で走るコンディションとしてはかなり良い(雨だと気持ちは上がらないけどね、、)

f:id:runtakumix:20210706224118j:image
f:id:runtakumix:20210706222617j:image

装備はタンクトップ+アームカバー(雨でも紫外線はあるので対策)

雨は終日やみそうもなかったのでポンチョも装備。

シューズはasicsメタレーサーをウルトラでは初投入。

いざスタート!

f:id:runtakumix:20210706224411j:image

さて、普通に語ったところで面白みはないので

ここからは私を襲ってきたトラブル達を紹介。

・2周過ぎまで(約10km)、特に何事もなく。

・3周目、まさかのウコン!

因みにウコンタイムはジャスト2分。

30秒でウコンを済ませる猛者がいるらしいが、絶対に拭いてないよ…

・そしてこの先、雨での冷えもあるのか2周毎位で尿意に負ける。とは言えウルトラにおいてはトイレやエイドで走る以外の時間は必ず入ってくるが…

・35km前後

左足の甲内側が痛ぇ!?

些細な違和感だったのが段々痛みとなり、フルなら我慢して突っ切るところですがまだ4時間半以上ある8耐では我慢は命取りと判断。

薄手の靴下でシューレースもガチガチに締めていたのを少し緩めて無事に解決。

フィット感は大事だけどキツすぎも良くないのね。。

・40km前後、ゼッケン止めてるピンが胸と擦れる!

走りながらゼッケン止めの安全ピンの位置を若干ズラす。

擦れ防止クリームのプロテクトJ1は塗っていたのだけど、雨でウェアが張り付いて擦れた模様…

幸い乳首の上部分でした。

男性ランナーは乳首の擦れ対策怠ると地獄を見ます。ここテストに出ます。

・45kmオーバー、一気に脚のダメージが出てきてここからは歩いたり走ったり…

ウルトラでは毎回このパターンです😭

今回も進歩がないぞ自分!!

f:id:runtakumix:20210707000052j:image

フルの距離までは余裕残して走れるのに。。

さてその中でも今回少しだけ良かった事

・自分の意思で15周目に入った

去年は14周で終わろうかなと弱気になっていた所を、周りの知り合いランナーさん達から応援や激励で後押ししてもらいましたが…

今回は時間を逆算して、自らの意思で15周目に入れた。

 

そんなこんなで、今回も無事にヤムチャして爆死でした🎵

f:id:runtakumix:20210707061138j:image
f:id:runtakumix:20210707061144j:image

ドリルとは!?

タイトル通り

ドリルとは!?

→地面に穴を掘るためや相手を攻撃するための円錐螺旋状の装備。地底戦車の前方やロボットの腕に取り付けられることが多い。パンチやキックなどの体術に円錐螺旋状の力場を纏った攻撃も良く見られる。

 

マッハスペシャル!!

f:id:runtakumix:20210621184105j:image

…ではなくて。

陸上のドリルですね。

 

先日川越競技場まで赴き、井下さんが開催している練習会に参加してきました。

井下裕貴さん

・東京国際大卒。箱根駅伝のメンバーにはなれなかったものの、同年代では大学4年間で最もタイムを伸ばした。

・現在は実業団ではなく市民ランナーながら、実業団並の走力を持つ。

ペースメーカーが神。M×Kディスタンスなどトラックレースでは度々PMでお見かけする。通過もイーブンペースで毎回ほぼ誤差無し。人間じゃねえ!!(良い意味で)

 

さて、そんな井下さんの練習会に参加して参りました。

(川越競技場、駅からめっちゃ歩きました。笑)

f:id:runtakumix:20210627234815j:image
f:id:runtakumix:20210627234808j:image

1kmのトライアル練習会で、正確なペースで引っ張りベストをアシスト下さるというのと

本練習前に『ドリル練習』が組み込まれていたので、今回は備忘録としてそちらのまとめ。

 

・『体幹』とは?

体幹というのもスポーツではよく聞く言葉ではあり、重要である事は認識されている。

しかし、そのイメージは漠然としていて個々で認識の違いがあるもの。

ではその認識のズレを無くす為に『体幹』の定義とは?

基本的には手足を除いた胴体部を『体幹』とするが

左右両方の腰骨の上部分に手を当て、グッと抑えると身体のブレが多少抑制される。

これが体幹のイメージである。

また真横から見た時に、耳-肩-腰-膝、ここのラインが直線になると足を上げて地面に落とした時に反発が膝〜腰〜肩と伝い頭のてっぺんに抜ける感覚があるはず。この感覚があると、地面からの反発をうまく使える。

 

・身体の反射をよりうまく使う

f:id:runtakumix:20210627101307j:image

光を頭で反射させて、太陽拳!!

…ではありません。

ゴムを引っ張って伸ばすと、元に戻ろうとして収縮する。

同様に人間の身体でも足底筋やアキレス腱など大きな筋肉群を伸ばし、それが元に戻ろうとする力を使って次の動作に移る。

そうすると、止まった状態から動き出すよりもより小さな力で大きな動作が出来る。

つまり、身体の反射を上手に使えればより速いペースをより省エネで走れるというわけです。

 

・ドリル練習とは?

勉強は大嫌いな私でも記憶の片隅にありますが、小学校などでやっていた漢字や計算のドリルと同様です。

基礎となる事の反復練習。

なので、陸上のドリルとは走る動きに繋がる、基礎の動きの反復練習です。

1回やればOKというものではなく、繰り返しやり続ける事で基礎の底上げに繋がるものです。

様々な動きがありその内容は割愛しますが…苦手な動きや上手くできない動きがあったならばそれはチャンス!

そこがその人の『伸び代』です。

 

本練習は相変わらずの神ペース、そして競技者でなければ到底出そうもないペースの走りを間近で見れました!

f:id:runtakumix:20210627234413j:image

練習内容はこちら。

f:id:runtakumix:20210627235112p:image

現実的に着けるペースを選択し、3:30-3:20(タレた)-3:40-3:50-3:25-4:00(ラストフリー)
200mリレー×2本

 

無事に爆死して、めでたしめでたし☆

f:id:runtakumix:20210627235156j:image

公認レースとは!?

6月12日(日)ですが

GENJO打破記録会の

5000m公認の部

に参加して参りました。

さてここで、『公認とは何ぞや?』という方もいるのではと…

 

公認記録は、競技性の高いレースに参加したいと言う方に必要になります。

別府大分マラソン防府読売マラソン、仙台国際ハーフマラソン、などが代表です。

まあ正直、トラックの公認記録は桁違いにレベルの高いレースに参加するというわけでもなければ市民ランナーにはさほど縁は無いかもしれませんが…

 

最近はロードの大会が限られている事や、市民ランナー向けのトラックレースが増えてきた事もあり少し敷居は下がってきた気もします。

ただ公認大会の場合は競技部の学生や実業団の選手が参加している事もあり、一般とはまた違った張り詰めた空気感が醍醐味でもあります。

 

さて、そんなこんなで先日参加した

GENJO打破記録会

で公認レースについてダラダラと述べます。

f:id:runtakumix:20210616180242j:image

 

・陸連登録が必要

個人登録、またはチームでの登録も可。

クラブチームに所属していると、そこで登録してくれたりするので楽。

個人の場合は居住地に応じて各地域の陸連から登録。

1年更新で、当然お金はかかる

 

・大会エントリー時には『登録の部』でエントリー

トラックは勿論、ロードでも登録の部があったりします。

場合によってはスタート時間が違ったりするので当日は要注意。

 

・特にトラックでは種目によってシューズの規制がある

ソールの厚さに対して決まりがあります。

スプリント種目やフィールド競技は20mm以内

800m〜10000mの中長距離は25mm以内

ロード種目は40mm以内

ランナーさんで影響しそうなのは、NIKEヴェイパーフライのような厚底シューズは公認のトラックレースでは使えないという事ですね。

因みにリストはこちら↓

https://www.jaaf.or.jp/files/upload/202008/15_102058.pdf

当日は専用機器で計測もあります。f:id:runtakumix:20210616181359j:image

 

・ゼッケンは前後+腰

f:id:runtakumix:20210616181546j:image
f:id:runtakumix:20210616181549j:image
f:id:runtakumix:20210616181542j:image

背中の分もクリップ必要なので注意!

多分、腰ゼッケンは馴染みがない方多いかと思います。

クリップではなくシールです。

右側に貼り付けますが、見えるように貼るというのがポイントです。

なのでランパンの場合シャツインする事が多い。

因みにロードは腰ゼッケンは無いけど、登録の部は前後にゼッケンを着けるケースが大半です。

f:id:runtakumix:20210616182337p:image

 

・レースのレベルを確認しておくこと

ロードレースの場合はエントリー時に記録証の提出がセットの場合が多いので良いのですが

トラックの場合はいざエントリーしてみたらトンデモないハイレベルなレースだったりするとエラい事になります。。

(やらかし経験有り)

 

さて、それらを踏まえていざ公認大会!

……

………

結果はぶっ込んで大爆死でした。

f:id:runtakumix:20210616184539j:image

ペース配分は計画的に。。

 

現状をぶっ壊せ!

6/6(日)

オトナのタイムトライアル、OTT センゴとゴセンとジョグに参加。

f:id:runtakumix:20210609095708p:image

 

いつもなら1500mと5000mのダブルエントリーとかにしてしまうのですが

今回は1500mのみに絞ってエントリー!

レースを1本に絞って、タイム狙いにしました。

 

ダブルエントリーすると、余力を考えて中途半端な1500mになりタイムが出ない

5000mも疲労が抜けきらず毎回の平凡なタイム…

となってしまいそうだったので。

トラックレースをスピード練習と捉えて参加する場合は良いのですが、この先暑くなると更にタイムが出なくなるし

先週のアラプラスチャレンジで、思いの外1500mが走れたので挑戦したくなったのです。

 

因みにこの日の天気予報

雨。

f:id:runtakumix:20210609095035j:image

世田谷競技場に到着し、これからアップというところでちょうど本降りになってきました。

実は自分が雨男だという事を今更思い出す。

一応その前提で着替えは持ってきましたけどね…

タイムテーブルとしては1500m→ジョグ→5000m→キッズ、最後に1500mと5000mの最速最終組

ラン仲間はほぼ5000mエントリーなので基本的にボッチで淡々と準備。

(先週リレマラご一緒したざわちょさん、ちくわさん、ルイさんにはお会い出来ました!)

 

今回の相棒はこちら!

f:id:runtakumix:20210609100343j:image

asics LDジャパン

貧脚ランナーながら、トラックの、かつ中距離はスパイクで走りたいんですよ…

 

今回の自分の中での目標

1.先週の5:00を切る(PB)

2.5:05の±2秒

3.5分1桁台

1種目に絞ったのだからこれ以下ならば今回はもう失敗。

あれ…いつもよりも緊張してちょっとヤバイぞ。

 

そしていざレース、ペースメーカーは5:10ペースを選択。

OTTの傾向として、ペースメーカーは設定よりやや速めに引っ張ってくれる

尚且つ、最後上げてくるランナーは限界ペースまで引っ張りながら煽ってくれる

と読みました。

 

いざ、スタート!

第3コーナーを曲がった辺りでペースメーカーを捉える。

ペースメーカーの真後ろには付けなかったが、上げ下げしたり外側に弾き出されないように位置どりをする。

f:id:runtakumix:20210609102454j:image

2周目の後半には周囲が落ち始め、ペースメーカーの真後ろに付ける。

いつもだと3周目に入る800m〜900m辺りではヘロヘロなのだがこの日はまだ余力有り。

f:id:runtakumix:20210609102751j:image
f:id:runtakumix:20210609102743j:image

OTTのアナウンスで再三『1500mはラスト400mじゃなくてラスト300mで上げろ!』と言われていたので

残り400mになっても上げずに抑えて、残り300mから上げにかかる…が、

限界値を超えたのか、いきなりキツい!!!

そしてラストの直線に差し掛かるとアナウンスで秒数がカウントされており

これ、もしかしたら5:00切れるんじゃね!?

というタイム。

全力スパートをかけるが、ここに世田谷競技場のマジックが…

世田谷競技場って、直線が少し長いのよ。。

5分のカウントを超えた直後にフィニッシュでした/(^o^)\

で、結果。

f:id:runtakumix:20210609103314j:image

いい夢見させて貰ったぜ…

やっぱりtakumiは相変わらずヤムチャして爆死でした!

f:id:runtakumix:20210609103417j:image

 

6/12(土)は公認の5000mをエントリーしているので、現状を打破したい!!

激走!トラック野郎!

ここにきてようやく書けました。

これもどちらかと言えば備忘録ですね。

 

5/30(日)

ラプラスチャレンジ ドリームディスタンス

1500mと5000mにダブルエントリー。

リレーマラソン翌日にお前アホだろ!

と思ってやって下さい。

 

同主催者の大会ではいつも1000mと5000mで入れることが多かったのですが

ここ最近1500mが面白いのでこちらにしました。

誤算は、1500mと5000mの間が想定以上に短かった事かな(吐血)

 

f:id:runtakumix:20210606121442j:image
f:id:runtakumix:20210606121437j:image

超絶快晴でした(爆死フラグ)

 

また、当日はすっかり有名人なたむじょーさんがゲストだったり

シダスを現地でイベント販売してました。

f:id:runtakumix:20210606121558j:image
f:id:runtakumix:20210606121552j:image

 

この大会においては顔見知りも多くリラックスと緊張感とバランス良く保てた感じがしています。

最近はトラックの1000m〜1500mではスパイクを使う事が増えました!

 

スタート前からの…

f:id:runtakumix:20210606121856j:image

走っての…
f:id:runtakumix:20210606121900j:image

f:id:runtakumix:20210606121938j:image

無事に爆死。
f:id:runtakumix:20210606121844j:image

ただ、途中ペーサーからも離れてまた毎回のオチでいつもと同じようなタイムかと思いきや

ペーサーがやや速めに引っ張っていたようで、結果的にはベスト出ました!!
f:id:runtakumix:20210606121850j:image

前日のリレマラが刺激になったのか?

ここまで来たら5分は切りたいですね。。

 

で、そこから90分のレストを挟んでの5000m。

現地で調達したシダスのソックスとゲイターも投入。

試着したところ、着圧はしっかりと有りながらも締め付けのキツすぎない絶妙なバランス感に惚れました!

f:id:runtakumix:20210606122349j:image

少し抑えようかなという考えもあったけれど、トラックにおいては妥協すると妥協したなりのタイムしか出ないので

5000mは18:40のペーサーに着きスタート!

f:id:runtakumix:20210606122437j:image

1000mまでは順調ながら、2000m手前からはいきなりキツくなり目標値を下げる。

連戦の疲れなのか、いやただの実力不足でしょうね。。

無事に爆死。

f:id:runtakumix:20210606122440j:image

相変わらずで可もなく不可もなくなタイム。
f:id:runtakumix:20210606122432j:image

 

結論

良かったのか悪かったのか、よくわかりませんでした!!?

 

6月はほぼトラックオンリーなので、引き続き頑張ります。

takumiのヤムチャに乞うご期待?

 

 

激走、イロモノチーム!

ブログの更新をサボりがちな事で有名です。

 

どうも、takumiです!

 

書けるタイミングで不定期更新していきます。

誰かに見せる為というより備忘録になってきました…

 

5/29(土) 葛飾あらかわ水辺公園で開催の

エンジョイリレーマラソン

参加して参りました!

 

BOOSTランニングという主催者が開催しているのですが

参加したいなと思った理由はズバリ

運営の頑張りを感じたから!

コロナ禍で大会はバタバタと中止が続いています。

おそらく見えない所で難しい調整はあると思いますが、その中でも開催してくれる大会がある事も確か。

そんな中で、このBOOSTランニングさんは『ランナーに何とかして走る場を提供する❗️』と掲げて大会を開催して下さっていました。

今回のリレーマラソンも、元々豊洲で開催予定だったのが自治体からの要請で会場が使えなくなるも

何と❗️予備で押さえていた葛飾の会場で開催という執念…

恐れ入りました!!

 

そんなこんなで、参加したいなと思いつつも

5/30(日)にトラックレースを入れていた為ハーフはキツい。

しかしリレーマラソンだと直前だったのでメンバー集めは難しいか…

そんな時、本当にたまたまだったのですが

Twitterでちくわさん(@tikuwa_1107 )が『どなたか走りませんか』と募集を呼びかけていたのでそこに乗っかったところ…

 

何と、『チームざわちょ』として参加出来ることに❗️

チームを組んで入れて頂いたざわちょさん(@zawacho427)にも感謝です。

 

f:id:runtakumix:20210602181830j:image
f:id:runtakumix:20210602181833j:image

 

当日集まったメンバーにご挨拶をして、とにかく今日は『エンジョイしよう!』←ここ大事

という事に。

 

f:id:runtakumix:20210602181957j:image

 

ただね、こんなご時世で大会を走ろうという人達の集まりだから

皆、速過ぎだろ!!

f:id:runtakumix:20210602182156j:image
f:id:runtakumix:20210602182210j:image
f:id:runtakumix:20210602182202j:image

f:id:runtakumix:20210602182633j:image

 

結果

織田や代々木公園でよく見る速い人達がいっぱいいる中、まさかの10位

f:id:runtakumix:20210602182505p:image
f:id:runtakumix:20210602182511p:image

 

因みに

後半は皆エンジョイしてこうなった。

 

f:id:runtakumix:20210602182721j:image
f:id:runtakumix:20210602182718j:image

 

たかが1km、されど1km

先日ですが、駅伝に参加いたしました!

 

ただし駅伝とは言ってもオンライン!

その名は

ののでん!!

色々と述べるとキリがなくなってしまいますが、主催の皆様の尽力にはただただ感謝です。

 

SNS上でチームを組みタイムを競うのですが、蓋を開けてみないと分からない所が『箱根駅伝予選会』のような感じもありもても楽しめました✨

 

ルールはざっとこんな感じ

・1チームは3名

・1人1km、3名の合計タイムで競う

・走る条件が各々異なるのでタイムの申請はGPS

・1走は土曜〜月曜、2走は火曜〜木曜、3走は金曜〜日曜に走る

 

周囲で賑わい始め、知り合いのランナーさんが次々チームを組んでいたので自分も参加したくなりチームメイトを探す旅へ…

で、ルイーダの酒場で最近仲良くさせて貰っているお二人に声をかけました😆

 

コクさん

f:id:runtakumix:20210524210301j:image

【こんな人です】

・200kmマラソンを走って楽しかったとか言っちゃう(ヤバい)

・皇居で100kmマラソンをやりたいとか言ってる(5km×20周、ヤバい)

・トリキを愛してやまない

 

なつみさん

f:id:runtakumix:20210524210612j:image

【こんな人です】

・女性でフルマラソンサブ3(ヤバい)

・気分転換はインターバルで頭を真っ白にする事♪(ヤバい)

・体内のアルコール消毒(酒)は大事

 

それと私、takumi

f:id:runtakumix:20210524211043j:image

【こんな人です】

・走力は凡人

・ダイエットは明日から

・今日もヤムチャして爆死

 

で、それぞれの仕事やレース調整の都合を合わせて

1走 コクさん

2走 takumi

3走 なつみさん

にて決定!

折返しあるとダメだとか、下り坂のみのコースを使えばタイム狙えるんじゃね?とか作戦会議

を踏まえて

結局の所はトラックが使えるならそれが一番安定と落ち着く。

 

で、1走コクさん

1km 2'50

…坂道コースを使ったらしいけどちょっと何言ってるのか良く分からない。

トラックは疲労が抜けきらず、結果このタイムで申請へ

f:id:runtakumix:20210526084257j:image

 

2走のtakumi

水曜にトラックを使って、まさかのコクさんペーサー付きで行う事に。

で、やってみた!

1000mで3'10切りターゲットなので400mの設定タイムは76秒。

1週目はほぼ設定通りに行くも、500mを通過し600m手前に来ると

いきなり呼吸がキツい!!

ペースが保てず、ズルズルと周回タイムを落としながらも最低限で脚をためて

ラストの直線だけは出し切る。

手元計測は3'18

トラックを使いながらGPSタイムを使うというのは、ある意味邪道で自身納得できない所はあるも

今回に関して、ルールはルール。

申請タイムは3'08

自分の実力のかなりギリギリを狙ったので感じたが

たかが1000m、されど1000m

イーブンで走れるペース配分にしないと、後半はガタガタに崩れると思い知りました。。

f:id:runtakumix:20210526085014j:image

※無事にヤムチャして爆死

 

この段階で男女混合チームの1位につけるも、最終走者のタイム次第で逃げ切れるか逆転されるかかなり際どいラインに…(数秒差)

 

そして最終走者のなつみさんへ襷を渡し、運命を決まるタイムは…

3'14!

ライバルチームの最終走者の反骨精神を刺激しないよう最終日にタイムを申告する計算っぷり!

 

結果的には逆転されてしまいましたが…

オンラインでここまで作戦会議行い、最後までハラハラしたレースは初めてでした!

 

改めまして、運営の皆様及び盛り上げてくださった参加者の皆様に感謝です🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️

 

オマケ✨

f:id:runtakumix:20210527183059p:image